×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

閲江楼

閲江楼
2004年4月16日調査
*2004年4月16日調査のため現在の情報と異なる場合がありますのでご注意ください!
交通機関 南京駅より路線バス使用の場合
10路 南京車站〜興中門
興中門より徒歩1分

南京駅近くのバス停「南京車站」で10路のバスに乗車、「興中門」で下車します。所要時間は最短で15分です。

開館時間 ---
入場料 30元
メモ 閲江楼は獅子山に聳え立つ楼であり、内部には鄭和の七度の航海を表した巨大な絵がある。明朝の資料展示が中心である。閲江楼からの眺めは本当に良いです。長江大橋や南京市内を見ることができます。楼内には土産物屋もあります。
満足度 4ツ星
マニア度 2ツ星
交通便利度 5ツ星
難易度 2ツ星
公共汽車で比較的楽に行けます。目標物も大きいので迷う確率も低いです。
入口目立つので入り口はすぐに見つかります。 階段その1階段を登って閲江楼に向かいます。
階段その2この時点で息切れしてます。 玉座?一階はこんな玉座みたいなのがあります。
航海図鄭和の七度の航海を表した絵です。 最上階の天井最上階の天井です。
最上階からの風景南京西駅と長江大橋が見えます。

写真には撮ってませんが小学生が遠足で訪れており、小学生の集団に囲まれながらの撮影です。撮影の妨害にあったりと中国の小学生も日本の小学生と同じ行動をするようで・・・。


戻る