×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紫金山

リフト 江南第一弥勒佛坐像
2004年4月28日調査
*2004年4月28日調査のため現在の情報と異なる場合がありますのでご注意ください!
交通機関 南京駅より路線バス使用の場合
游3 南京車站〜紫金山索道
その他「紫金山索道」停車路線 20路

南京駅近くのバス停「南京車站」で游3のバスに乗車、「紫金山索道」で下車します。

営業時間 月〜金 9:00〜16:30
土日  8:30〜17:50
リフト代 片道25元、往復45元
歩いて山頂に行くなら必要なし!
メモ 紫金山は南京の北東に位置し、中山陵、明孝陵、霊谷寺といった南京で最も有名な観光地であり、紫金山には観光索道(リフト)があり、全長2350メートル、麓の駅と山頂駅との間に紫金山天文台駅がある。途中で遠くに明孝陵、中山陵、霊谷寺を見ることができる。歩いて山頂に行くには紫金山東西の麓から道が伸びている。山頂は山頂公園として整備されており、山頂からは南京市内が一望できる。はっきり言ってリフト券は往復を買うべきでしょう。リフトからの眺めは良く、明孝陵、中山陵、霊谷寺が遠くに見えます。リフトは一気に山頂まで行くのをお勧めします。紫金山天文台駅で降りたら天文台見学後に歩いて山頂まで登ることになりますので、歩いて登るのはかなりしんどいです。帰りに紫金山天文台駅で降りて天文台見学、歩いて下山が良いでしょう!
満足度 3ツ星
マニア度 2ツ星
交通便利度 4ツ星
難易度 2ツ星
公共汽車で麓まで行けます。後はリフトで頂上へ!

−リフトからの風景−

牌坊リフト乗り場への入口です。 リフト その1平日なのでお客さんは少ないです。
リフト その2遠くに紫金山天文台駅が見えます。 リフト その3珍しく観光客が降りてきました。
リフト その4帰りはこんな感じの風景です。 リフト その5曇っていたので南京市内が良く見えない。
リフト その6遠くに見えるのは玄武湖? リフト その7リフトから見た明孝陵です。
リフト その8これも明孝陵周辺です。 リフト その9周りは自然が豊富です。

−山頂公園−

弾琴石弾琴石です。 石像碁を打っているようです。
劉基洞入口劉基洞です。入口が狭い。 劉基洞内部 その1中は広いです。
劉基洞内部 その2こんな像がありました。 劉基洞内部 その3別の角度から・・・。
江南第一弥勒佛坐像
江南第一弥勒佛坐像です。山頂近くにあります。
滴水観音
滴水観音です。
山頂駅周辺山頂駅周辺です。 山頂からの風景 その1遠くに見えるのは玄武湖?
山頂からの風景 その2曇っていて南京市内は良く見えない。 牌坊山頂の牌坊です。
案内図山頂にあった案内図です。

戻る